妊娠中に気をつけること【たまには好きなものを食べて発散】

妊娠した時に摂取する

看護師

妊娠した人が必要な物

妊娠する事によってお腹の赤ちゃんに栄養を与える必要があり、妊婦さんは食事に気を使わなければいけなくなります。赤ちゃんの細胞を作る為に必要な栄養を摂取すると共に、妊婦さんが栄養不足にならないような食事をする事が大切です。妊娠中は胎盤から赤ちゃんに栄養が届くので、妊婦さんは貧血になりやすくなります。貧血で倒れたり出産する際にしっかりと力を使う為に鉄分を摂取する事が大切です。鉄分はほうれん草や大豆食品などから摂取する事が出来るので、体重増加を気にする妊婦さんも気にせずに簡単に摂取する事が出来ます。また葉酸は妊娠初期に摂取する事で赤ちゃんの成長を促進します。葉酸は赤ちゃんを産んだ後も母乳から得る栄養に含まれる為、妊娠した時から出産した後まで摂取する事が必要です。

妊娠した時に必要な食事

赤ちゃんにとっても妊婦さんにとっても、カルシウムは必要な栄養であり、出産後の骨粗しょう症を防ぐのに有効的です。カルシウムは大豆食品や魚類から摂取すると共に、ヨーグルトなどから摂取する事で妊娠後の便秘にも効果的です。タンパク質を摂取する事で、赤ちゃんの脳や皮膚などを形成する為に役立ち、様々な食べ物から摂取する事が出来ます。肉や卵などの動物性タンパク質は、カロリーが高い為摂取量に注意が必要ですが、豆類の植物性タンパク質であればカロリーが低く鉄分やカルシウムの吸収を手助けしてくれる効果も期待できます。妊婦さんは様々な栄養を摂取する事が大切ですが、胎児の為にも量を多く摂取するのではなく良質で必要な栄養を摂取する事が重要です。