妊娠中に気をつけること【たまには好きなものを食べて発散】

妊娠で意識したい食生活

女性

母体や胎児に悪い影響

妊婦の人にとって最適な食事は、カロリーが抑えられたバランスのいい内容であることです。妊娠中は食事の栄養分が胎児に行き渡ります。過度な栄養分は、かえって妊婦や胎児に悪影響を招く場合も出てきます。具体的には、塩分や糖分が多い食事であると、妊婦の高血圧や糖尿病を誘発させる確率が高まります。加えて胎児にも何かしらの影響が出てきてしまうため、決してよくはありません。また、カロリーが多いと妊婦の体重が増えてしまいます。妊娠中は、安定期に入ったころから体重が徐々に増え出します。あまりにも体重が増えすぎてしまうと、出産がスムーズにいかない場合も起きてきます。極端な体重増加を避けるためにも、ヘルシーな食事を意識していかなければいけません。

工夫次第で健康体へ

妊婦の人が普段から取っていきたい食事には、主食であるご飯から見直していくのもいい方法です。ご飯となる白米は糖分が多いため、食べ過ぎるのは太ってしまう要因になります。これをミネラルが多く糖分が少ない玄米や雑穀米に替えていくと、健康的な主食に生まれ変わります。妊娠中は便秘になってしまう人も多いので、ミネラルが多い食事が腸の働きを同時に促してくれます。そして野菜が多く、脂肪分の少ないたんぱく質を心がけるのも大切です。カロリーを気にしてたんぱく質が不足してしまうと、栄養が偏ってしまいます。脂肪分の少ないたんぱく質は植物性や乳製品があります。赤みの肉も低脂肪となるので、工夫をしながらたんぱく質を取るようにすれば問題ありません。このような食事はかかりつけの産婦人科でアドバイスされることもあるため、参考にしていくといいでしょう。