妊娠中に気をつけること|赤ちゃんのために

妊娠で意識したい食生活

女性

妊婦の人は、安全な出産や胎児の健康に向けて、健康的な食事に気を付けていく必要があります。そのためには、今までの食事内容を見直していき、低カロリーかつ栄養バランスのいい食事であることが大切です。産婦人科でもこのような食に関するアドバイスが行われているため、意識していくようにしましょう。

もっと見る

赤ちゃんのために

医者

妊娠は、人生の一大イベントだともいわれています。大変喜ばしいことではないでしょうか。しかし、女性は妊娠中に制限しなければならないことなどがたくさんあります。妊娠中は、たばこを吸うことができません。また、飲酒もできなくなってしまいます。市販薬も飲むことができない場合が多いです。理由はたばこやアルコール、市販薬などを摂ると、赤ちゃんに悪影響がでる可能性があるといわれているからです。そのため、これらを摂ることは控えるようにお医者さんにも言われるかと思います。また、カフェインの摂りすぎもよくありません。コーヒーや緑茶、紅茶などにはカフェインが含まれています。カフェインも摂りすぎるとよくないといわれているのです。

また妊娠中に体重が増えすぎると、出産のときに負担が掛かってしまうといわれています。そのため最近では、体重管理を推奨するお医者さんも増えているようです。出産のときのために、できるだけ体重管理を行うと良いでしょう。食事は野菜を主に摂り、和食だとなお良いと言われています。また、間食なども体重増加の原因になってしまいます。ですから間食はできるだけ控え、小腹が空いたときにはフルーツやナッツ類などを少量摂ることを推奨します。しかしつわりや食べづわりなどもあり、体重管理が思うようにいかないとお嘆きの方も多いとされています。あまりストレスを溜め込むとおなかの赤ちゃんによくありません。妊娠中は体重管理も大事ですが、たまには好きなものを食べて発散するのもいいでしょう。

妊娠した時に摂取する

看護師

妊娠する事で、妊婦さんはお腹の子供の成長に必要な栄養を摂取する必要になります。様々な栄養が必要になりますが、量を多く摂取するのではなく良質な鉄分やタンパク質、カルシウムなどをバランスよく摂取する事が重要です。

もっと見る

妊娠を望むなら

カウンセリング

妊活サプリはさまざまあり、妊娠しやすくさせるものと、授かる胎児のために予め体に補給しておくものがあります。そのどちらにしても葉酸は大切な栄養素であり、日常生活の中では摂取しずらいものです。また、マカを含むサプリメントは、ホルモンバランスを整えることで妊娠しやすいカラダづくりをサポートします。

もっと見る